鳩は早めの対策が肝心!家に住み着いた動物さようなら

女性作業員

大きな被害を受ける前に

鳩

専門家に任せる

平和の象徴のように神聖なイメージも持つ鳩ですが、人間の往来するスペースに近づくほど、衛生環境の悪化といった害を及ぼしてしまうのが現実です。大きく影響する糞害については、特に理解しておきたい知識といえます。衛生面だけではなく、ダニのような害虫が発生してアレルギーの原因や、ぜんそくの原因や悪化につながるといわれているのです。そのような状況に巻き込まれる前に、はやめに駆除対策を検討すると良いでしょう。鳩の駆除については、鳥獣の保護に関する法律の存在を認識しておくべきです。巣を撤去する程度は自由ですが、卵・ヒナ・成鳥は、無許可の駆除が禁じられています。そこで有効なのが、駆除対策を専門に取り扱っているサービスで、追い払うだけではなく再来を防ぐ手段として、もっとも効果的な方法であり、ひとつのテクニックといえるでしょう。

習性を理解しておく

鳩の完全な駆除は、専門のサービスに依頼すると解決します。しかし、依頼するほど悪化する前に対策をすることも可能で、そのためにも、鳩の習性を理解しておくことが必要です。まず、鳩は水場を特に好み、えさ場があれば近くに住み着きます。ある程度は警戒するので、人の手の届かないような場所に巣を作り、一時的に追い払っても、帰巣本能で戻ってきてしまうのです。そこで工夫したいのが、鳩にとって住みづらい環境を作ることで、水をためておく容器や、えさになるような物は隔離しておくと良いでしょう。また、ホームセンターやドラッグストアなどでは、忌避剤や鳩避け対策グッズも販売されています。このようなグッズと併用するちょっとした工夫でも、鳩を寄せ付けないというメリットにもつながるのです。

駆除に適した季節や時間帯

アライグマ

ハチを退治するにあたり安全性を高めるために、ハチの習性を理解すると効果的です。時期は5月頃だといわれていて、女王蜂だけが活動している営巣初期の巣は退治が容易です。また昼間より夜間のほうがハチの動きが鈍く、一箇所に集まっているため全滅を狙うことができます。

もっと知ろう

専門家に頼るなら

困るウーマン

ハチの巣を見つけたら、専門の退治業者に連絡をしましょう。どこが良いのかわからないなら、ホームページをみて料金設定を確認しておくと良いです。さらに見積もりをお願いするのですが、スタッフの対応などを知るために、口コミを利用すると便利です。

もっと知ろう

蜂の被害に遭わないために

白蟻被害

夏から秋にかけてハチは活発に活動するようになって、特に秋口は巣も巨大で数も多くなり、人間が刺されるという被害も増えます。自宅に蜂の巣を作られてしまった場合には、まずハチの種類を確認します。アシナガバチであればそれほど心配しなくてもいいですが、スズメバチであれば速やかに退治しましょう。

もっと知ろう